歳相応の落ち着きを活かす

婦人

欠点を自然にカバーできる

現代の40代は一昔前に比べると若々しさが格段に違ってきています。そのため髪型やファッションなども若々しくなってきています。実際、晩婚化や女性の社会進出により、本人の自意識も若々しくなってきており、髪型のバリエーションは豊富になってきています。ただ、そうはいっても40代という年齢になると髪質や体質が異なってくるのは変わりません。40代で特筆すべきなのは白髪の増加と髪のコシが少なくなるという点です。そのためこれまで黒髪派だった人も白髪染めをかねてヘアカラーを行うということが出てきます。また髪が細くなりコシが弱くなるのでボリュームが出なくなります。ストレートパーマなどをかけてしまうとボリュームが落ちすぎて貧相な感じになるおそれもあるので、その点についても注意が必要です。また、本人の自意識は若々しくても、他人から見ると40代という事実は変わりません。あまり若作りすると陰の笑い物になるおそれはあるので、あまり髪型で若作りしすぎないというのもポイントです。40代が髪型を考えるときは、上品で大人っぽい雰囲気があるか、白髪やボリューム感などをカバーしているか、くすんでないかに注意しましょう。ヘアカラーは特にポイントです。若者ならば似合うアッシュなどのくすみカラーは40代だとみすぼらしく見えるおそれがあります。なるべく艶があり、こくのある色合いがおすすめです。暗すぎる色よりも明るめにするのもよいでしょう。

Copyright© 2018 髪のパサつきは見た目に影響する【毎日ヘアケアをしよう】 All Rights Reserved.