歳相応の落ち着きを活かす

婦人

一昔前の40代と比べて現代の40代は若々しくなっています。ですが体質や人からの評価には確実に反映されているので髪型を選ぶときは若作りになっていないか、白髪やボリューム感をカバーしているか、くすんでないかを注意して選びましょう。

詳しく見る

薄毛の対策方法

洗髪

手軽な薄毛対策の方法の一つに薄毛シャンプーを使う方法があります。洗髪時に使えば良いので、周囲の人に知られずに薄毛対策をすることが出来ます。薄毛シャンプーはドラッグストアやスーパーなどの実店舗の他、通販を利用して購入することも可能です。

詳しく見る

毎日続けられるものを

ウーマン

ドライヤーは、風量が多いものやマイナスイオンなどの特徴を持ったものなど、様々な商品があります。風量が多いドライヤーは、低い温度でも乾かしやすくケアだけでなく、時短にも繋がります。ランキングをチェックして、お気に入りを見つけましょう。

詳しく見る

白髪の悩みを手軽に解消

カラー

髪や地肌へのダメージが少ない白髪染めとして大人気なのが、シャンプー後に使用することで、徐々に白髪が染まっていくカラートリートメントです。白髪と黒髪の境目が目立ちにくいことや、常に綺麗な状態をキープできること、カラーバリエーションが豊富であることもメリットです。

詳しく見る

潤いを与える方法

レディ 洗い流さないヘアトリートメントには沢山の種類があります。自分の髪質はどんなものかパサつきはどれくらいなのか自分で見極め自分にあったヘアトリートメントを選ぶ必要があります。根気よく続けていけば髪は次第に修復していきます。

詳しく見る

グッズとドライヤーが肝

レディ

毎日のケアが大事

髪は女の命ともいわれ、見た目の印象を大きく左右するものです。艶がある美しい髪だと外見の魅力をぐっと高めてくれます。しかし、パサつきがあると魅力は半減してしまいます。冬などの乾燥する時期になるとパサつきは悪化する傾向にあり、悩む女性も増える傾向にあります。髪のパサつきを抑えるには、毎日のケアが重要です。トリートメントやヘアオイル、コンディショナーなどのケアグッズの使い方とシャンプーの仕方、ドライヤーの仕方がポイントとなります。まずシャンプーする前にブラッシングをして髪の流れを整え、汚れを浮かせておくのが大切です。この一手間で髪によけいな負担を与えずにすみます。そしてパサつきが気になるときはトリートメントなどのスペシャルケアを利用するのもポイントです。毎日使う必要はありませんが、週に二〜三回ほどを目安に使うと効果的です。洗い流すものならばシャンプーの後毛先など気になるところにつけて流し、洗い流さないタイプならコンディショナーをつけて流した後につけましょう。ドライヤーでの乾かし方もポイントです。乾かすときはある程度タオルで水滴をとってからの方がきれいにまとまって乾きますが、タオルでゴシゴシこすると傷みがひどくなるのでその点は気をつけましょう。最初は温風で乾かし、七割ほど乾いたら冷風に変えるのがコツです。こうすることでパサつきを抑えてまとまりのある髪にしてくれます。それでも気になるときは、ドライした後につけるヘアオイルなどをつけるのもおすすめです。

Copyright© 2018 髪のパサつきは見た目に影響する【毎日ヘアケアをしよう】 All Rights Reserved.